それは紛れもなくヤツさ。

Posted on

スペースコブラ (Space COBRA)

1978年から週間少年ジャンプで連載され1982年からのTVアニメは全31話。今回はぴあから廉価版DVDが全3巻で発売される。

何度観てもコブラはかっこいい。ストーリーも設定も台詞も全て良くできていてその世界観は今も色褪せてない。これは1巻目、名作ストーリーの「ラグボール」は2巻に入っているから楽しみ。

漫画は文庫版を全巻揃えた。全巻揃えて持ってるのはコブラと沈黙の艦隊だけ。

この寺沢武一先生の直筆サインは2000年先生のクリスマスパーティーで頂いた。当時はライセンシーの一社としてグッズを作っていたその関係でパーティーに呼んで頂いた。

1970年代の憧れは宇宙だった、宇宙戦艦ヤマト、宇宙海賊キャプテンハーロック、銀河鉄道999、スター・ウォーズと、ヒーローものやロボットものから人が主役に変わっていった時代。ロボットものも1979年機動戦士ガンダムがはじまって、悪を倒して終わりという単純なストーリーから互いの世界観や社会が複雑に絡みだして一気にリアリティが増した。COBRAは人間だが不死身のヒーロー、けど正義の味方というわけでもないけど、ただやることなすことに人間味があり等身大に格好良かった。
2008年に「COBRA THE ANIMATION」が発表されたがまだまだ新しいストーリーを観てみたい。Space COBRAは不朽の名作。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です