LINE Pay クレジットカード

Posted on

モバイル決済に何を使うのか選択肢が多すぎてスマホの中身はかなり散らかっている状態だ。ざっと数えて7種類が入っている。自分のスマホ画面の一部を晒すのはなかなか恥ずかしい。。

  • PayPay 加盟店が多いので比較的使用頻度多し。
  • d払い 還元率は0.5%と大したことないが、他ブランドのクレジットカードが登録できて都度チャージ&決済なので使い勝手がいい。
  • LINE Pay 大したメリットを感じていなかったが、LINE Payクレジットカードを作ったことや様々な使い方で最近のNo1になりつつある。ただ、無理やりLINEアプリにまとめようとしていて使い勝手が悪すぎる。
  • 楽天ペイ アプリを入れただけで全く使っていない。 
  • au PAY 初期の還元率に目が眩んだが結局一度も使っていない。
  • メルペイ メルカリをやっていると良い悪い関係なく残高が増えていくが、現在は貯めて抜くだけ。
  • iD 使うシチュエーションがほとんどない。
  • Suica 様々なモバイル決済が出てくるまでは一番使っていた。FeliCa対応で払うと言う点では今でも最も使い勝手が良い。特に関東圏なら使わないという選択肢がない。

還元率から考える現在の最強は・・・。

2021年4月30日までという限定ではあるが、LINE Payクレジットカードを作って、d払いの決済クレジットカードとして登録し、モバイル決済はd払いを利用することだ。

LINE Payクレジットカードは2021年4月30日までのカードショッピングの還元率は3%と最強!加えてd払いでの還元率は0.5%なので合計3.5%の還元となる。LINE Payクレジットカードを登録したLINE Payでの還元率1~3%よりも良い還元率となる。LINE Payで3%還元を実現するには算定期間(半年)5000ポイント獲得+LINE PayクレジットカードをLINE Payに登録という条件付きになるのでそこそこハードル高い。どちらにしてもLINE Payクレジットカードは作る必要はあるが、今のところはこの方法が最強ではないだろうか。

※LINE Payクレジットカードの注意事項:
・あたりまえだがクレジットカードなので審査がある。(三井住友VISA)
・3%ポイント還元は2021年4月30日までのカードショッピング(以降は新たなキャンペーンがあるというが内容不明)
・2年目以降1年以上利用がないと1250円(税抜)のクレジットカード年会費が必要。

カードデザインは、単色、カード番号や名前はエンボス加工ではなくプリント。(表面は名前のみ)
ブランド名もなくシンプルで好感が持てるデザイン。
カラーはグリーンやイエローがあるはずだがオリンピックってことでオリンピック限定カラーが出ていてノーマルカラーが選択肢から消えていたのでやむを得ずこの赤を選択。イエローが欲しかったのでオリンピックが終わって復活したら変更して欲しいところ。。

ここ一ヶ月いつものJCBから切り替えてバンバン使ってみたら。。。

約2,200ポイント程付与されていた。10,000円で300ポイントなので約7万円。(バンバンという程でもなかった😅)これにまだ付与されてない自動車保険の保険料などもあるので総額5,000ポイント程度になるのでは。。これは確かに大きい。さてポイントはLINE Payでの支払い時にポイントから使うように設定していると貯めたしりから減っていくのであまり還元された感じがしない。そこで途中で支払い時にポイント使う設定を解除した。
これでポイントはどんどん増えていく😁さて、そのポイントの使いみちは・・・・
つづく・・・。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です